米沢牛の魅力

山形県における最高級の牛肉ブランドとしてその名を誇るのが米沢牛です。全国に数ある高級牛肉のブランドの中でも、米沢牛は特に良い品質を持っていると言われています。では、その米沢牛の魅力とはどのようなものなのでしょうか。

「べに花一番 高オレイン酸(圧搾製法)」 おいしさの秘密

米沢牛の魅力を作り出す1つの要因としては、その品質の管理体制が考えられます。山形牛の中でもさらに選りすぐられた一部の品種なのですが、山形牛として選ばれるためにはかなり厳しい基準審査を通過しなければなりません。

米沢牛

しかし、米沢牛においては山形牛としてのブランドを格付けされるよりも厳しい条件が課せられているのです。その条件の一部としては、米沢牛を飼育する生産者は米沢牛の生産を推進する団体から認定された一流の飼育者でなければならないことや、米沢牛となる肉牛は黒毛和牛でなければならず、しかも出産を経験していない雌牛もしくは去勢された雄牛であることとされています。この他にも、その肉質が4等級以上、もしくはある一定の生育期間を満たした牛であれば3等級以上のものであり、放射能が未検出であるなどの細かな基準も存在しているほどです。これらの厳しい基準、そしてそれをチェックする厳しい管理体制によって、米沢牛は最高級の品質を保つお肉のブランドになります。

動物性脂肪から植物性脂肪に変更することによって死亡リスクが上昇 - QLifePro医療ニュース

そして、このような管理体制によって出荷される米沢牛の最大の魅力は、その美味しさになります。黒毛和牛というのは和牛の中でも特に脂身と赤身のバランスが程よく、霜降りなどの肉質になりやすいので上質な味わいをもたらしてくれます。その上に、山形県は東北地方という寒暖がはっきりとしている特色からも、肉牛自体の質が良くなる傾向にあるため、そこから取れるお肉も上質になるという点からも米沢牛が美味しいということが理解できると思います。このように、米沢牛の魅力的は山形という素晴らしい環境と生産者などの品質管理によって生み出される最高級のお肉であることなのです。