羨ましい!仕事の面接に落ちた事のない友人

世の中には世渡り上手な人間、というものがいるものだ。

実際にどうかはともかく、

『仕事ができるように見せている人』

は仕事ができるように見られるし、

『誠実そうに見せている人』

は誠実だと見做される。事実はどうあれ、そのようなパフォーマンスがうまい人間ほど、楽に世の中を渡っていけるようにできている。



正直者は馬鹿を見るというが、この世の中、『嘘がないが不器用』な人間よりも『狡猾で器用』な人間の方が明らかに得をしている。

仕方ない。

人間は分かりやすいものしか見ないものだし、不器用な人間は不器用にしか生きられないものだ。

器用に生きられない人間が考えるべきなのは、どうやったら器用になれるかということではない。足りないところをどうカバーするか、自分の利点をどう生かすかという点だ。

一般常識に関する勉強 アプリランキング | iPhone/iPadアプリ -Appliv

就職試験の受けがよく、内定をいくつも取る人間が本当に仕事ができるとは限らない。履歴書と試験と数分の面接で判断できることなど、本当はたかが知れている。それでも人間を見極める方法がないから、もっともらしい顔をして、多くの人事担当が同じような採用試験を行っているのだ。

世渡り下手だから、面接に通らないからと言って、落ち込む必要は全くない。

スピード写真・証明写真・デジカメプリント | その他のサービス | サービス施設案内 | 羽田空港ターミナル BIG BIRD

100人が100人同じ人間だったら、世の中は破綻する。多様な人間がいるから、社会も組織も成り立つのだ。

100人の人がいれば100通りの生き方があり、100通りの戦い方がある。重要なのは人と自分を比べることではなく、自分の特性を知って、自分に合った戦略を立てることである。